読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re: Writing Machine

Teoreamachineの小説ブログ

『君を想う、死神降る荒野で』 その40

 

 して、ゼロシキは目を覚ます。

 ひどく体が重くて、ずっと寝ていたせいでこわばった筋肉が上手く動かせない。喉が渇いて、眼の奥をかすかな痛みが光の瞬きのように刺激した。どうにかして体を起こしたゼロシキは、そこでやっと、誰かが自分の手を握っていることに気づいた。顔を上げると、無言のまま、目に涙をためてこちらを見つめているタチバナがそこにいる。状況が飲み込めず、自分がなぜここで寝ているのかも分からない。ゼロシキは突然、ほおに違和感を覚える、知らず知らずのうちに、タチバナだけではなく自分も涙を流していることに気づいた。寝ている間によみがえった悲惨な記憶はあまりに鮮明で、鋭い痛みとなって、胸の奥をめちゃくちゃに切り裂いてしまう。ゼロシキは混乱したまま、わけもわからず、声も出さず、ただ、タチバナの顔を見つめたまま、止まらない涙を流していた。タチバナは、その涙のわけを聞こうとはしない、ただ、同じように涙を流して、そしてゼロシキを抱きしめる。

 「……タチバナ?」

 ゼロシキが聞いても、タチバナは無言のままじっとしていた。

 「急にごめんね」

 しばらくすると、タチバナはそう言って、ゼロシキを抱きしめていた腕をほどく。だが、ゼロシキは思わず、タチバナの背中に腕をまわし、その体が離れないように、そっと抱きしめ返した。

 「……ごめん、もう少しだけ、こうしておいてくれ」

 ゼロシキは、まだ泣いていた、理由のない涙をどうしても止めることができない。そのゼロシキを、タチバナはもう一度抱きしめる。そうしていると、ゼロシキは自分の痛みがゆっくりと和らいでいくが分かった。決して消えることはない、それでも、少しずつ、タチバナのおかげで、その痛みは遠のいていく。とても心地良かった、ゼロシキは、その感覚が何なのか、全く分からない、それは、ゼロシキが今まで一度も感じたことのないものだった。

 ――おかえり。

 耳元で、タチバナがささやくようにそう言った。一瞬、ゼロシキにはその言葉の意味が理解できない。よく知っている言葉のはずなのに、戸惑いすら覚えるほど、自分にとってその言葉は不自然な響きをしていた。でも、だんだんと、暖かいものが染み込んでくるように、その言葉は耳に馴染んでくる。

 「初めてだ」

 そして急に、ゼロシキは呟いた。

 「ん?」

 タチバナが聞き返す。

 「初めてなんだ、その言葉を言われたのが」

 ゼロシキは、その言葉の響きを反芻しようとするかのように目を閉じた。

 ――おかえり。

 タチバナが、もう一度ささやく。そして二人は、その言葉の意味を確認するかのように、もう少しだけ強く、互いを抱きしめる。部屋はどこまでも静かで、まるで時間が止まってしまったかのようだった。もうそれ以上、二人は何かを言おうとはしない。

 いつのまにか、ゼロシキの涙は止まっていた。

 

 

『君を想う、死神降る荒野で』 その41へつづく――